スーパーロボット大戦UX

GAME SYSTEM

パートナーバトルシステム

『スーパーロボット大戦UX』では2機の機体を1つのパートナーユニットとして、
移動や戦闘を行うことができます。
パートナーユニットを編成することにより、2対2の臨場感溢れる戦闘が繰り広げられます。

パートナーユニット(PU)

パートナーユニットはメイン機体と
サブ機体によって成り立っています。

メイン機体
移動と攻撃を行います。

サブ機体
攻撃や防御を行います。

移動・交代
ユニットの移動力や移動タイプはメイン機体のものが反映されるので、例えば飛行タイプの
メイン機体と、強力な武器を持つ移動力の低い
サブ機体を組み合わせるといったことが
可能です。
また、「交代」コマンドにより、状況に応じて
メイン機体とサブ機体を入れ替えることも
できます。
パートナーユニットによる攻撃
サブ機体のパイロットが「援護攻撃レベル」を
持っていなくても、武器が目標の敵ユニットに
使用できる条件下であれば、攻撃に
参加することができます。
ただし、パートナーユニットは、隣接する
味方ユニットからの援護行動を受けることが
できません。
パートナー援護防御
パートナーユニット内では、次の条件を満たしていれば、援護防御をすることができます。
・「援護防御レベル」を持っていて、援護防御回数が残っていること。
・パートナーの機体のいる地形に進入できること。
・パートナーの機体が「回避」に失敗した場合。
・防御しても破壊される恐れがない場合。

シングルユニット(SU)

パートナーユニットを編成していない機体をシングルユニットと呼びます。
「援護攻撃レベル」「援護防御レベル」を持つ味方ユニットと隣接していれば、援護攻撃・援護防御を受けられます。
また、最大のメリットとして、「(特定の条件を満たした上で)敵に攻撃を仕掛け、一機でも撃墜していればさらに行動ができる「連続行動」、
「どんな武器でも敵PU全体を攻撃できる「全体攻撃」」が可能である事が挙げられます。
(パイロットが該当スキルを持っていることが必要です)

パートナーユニット、シングルユニットにはそれぞれメリット・デメリットがあるので、
状況に応じて使い分けるという戦略的な楽しみ方が可能です。

パートナーユニット(PU)
メリット
・「交代」を選べ、さまざまな地形に対応が可能。
・ユニット内で援護行動が可能なため、
 攻撃面・防御面ともに優れている。
・自分自身に効果をもたらす「ボーナス効果」に
 加え、パートナーの持つ「ボーナス効果」も
 受けられる。
デメリット
・状況に応じて援護するユニットが変えられない。
シングルユニット(SU)
メリット
・隣接する味方ユニット(最大8機)から
 援護行動を受けられる。
・「全体攻撃」「連続行動」が行えるため、
 機動力が優れている。
デメリット
・味方ユニットに隣接していないと、
 援護行動を受けられない。
・敵パートナーユニットから集中攻撃されると、
 致命的なダメージを受ける可能性が高くなる。

連続行動

攻撃後にマークが表示され、連続して行動ができます。

全体攻撃

PAGETOPへ